花や木に養分を与える養花雨(ようかう)
植物が花を咲かせるための雨、木の芽起こし(きのめおこし)
その他にも、甘雨(かんう)・慈雨(じう)・催花雨(さいかう)など、雨水の頃に降る雨は様々。

そんな素敵な名前の付いた雨を想像しながら...。
_20180314_133336
まだまだ雪が降ることもある時期なので、雫型とダイヤ型に彫った消しゴムハンコを押して冷たい雨が降っているような雰囲気に。

画面がなんとなく寂しかったので、バルサ材という軽くて柔らかい木材を切って貼り付け、窓から外を覗いているような、そんなイメージで作ってみました。


今回のシリーズではカラフルに仕上げたかったので、スタンプインクを使うことに。
15208532259690
ツキネコさんのバーサマジックです。

ネットにて購入。乾くのに少し時間がかかりますが、色合いが柔らかくて不透明の顔料系インク。今私のお気に入りです。

かすれた感じを出したかったので、軽くインクを付けるか、一度別の紙にサッと押してインクを少し取ってから本番の紙に押してみたらこんな感じになりました。

15210039881240
第四候 つちが うるおいおこる

森の中をイメージして

15210042702941
第五候 かすみはじめてたなびく

顔彩にパールを混ぜて輝きを。

15210042933192
第六候 そうもくめばえうごく

山に風が吹いているような感じ…。

15208536169530
自分でひとつひとつ作っているとはいえ、どれが何候なのか、覚えきれないので番号と「初春」などの時期を右端に押すことにしました。

漢字は8ミリほどの石ですが、数字は5㎜の細い石。
なので、何本か彫っているときに折ってしまいました…。ちょっと急いで彫っていたので起きたミス。やっぱり落ち着いて作らないと駄目ですね。

でも、突然思いついて急いで作る…ということはよくあることで、
突然ひらめいて、いきなり作り出して、短時間で仕上げたのに結構気に入ったものが出来上がる…ってことってあるんですよね。
もちろん、慌てて作るのは良くありませんが…。