《小暑 末候》たかわざをならう
鷹が飛ぶことを覚えるという意味です。
2017年では7月17日から22日にあたります。
33
飛び方や狩りの方法を覚えて、独り立ちに備える時期です。

以前の展示会では別のデザインを出しました。
こちらがその時の物。
image
まるで会話をしているよう。
ふたつめは、より実践に近いかたちで飛び方を習っている様子にしました!

日本各地に生息する大鷹がモデルです。


(巴林石 23㎜×23㎜)


太陽の動きを基に一年を二十四に分けた暦が二十四節気。その二十四を更に三つに分けたものが七十二候。それぞれの候には動物や植物、気象の動きを表す短文が付いています。その短文をイメージして作っています。


The 33rd Kou
Last transition from Syousyo

Young hawks lean to fly