image

小暑のハンコを使って、暑中見舞いハガキを作ってみました。

「アイロン de 画仙紙」という紙にペンテルのアートブラッシュで色を付け、描き終わったら、アイロンで好きな用紙に貼り付けます。こちらはOA用紙に貼りました。

「清夏」は消しゴムで作ったハンコ。
大きい印は消しゴムの方がいいですね。

「清夏」とは、「空の晴れ渡った爽やかな夏の日」という意味です。

image

「あつかぜいたる」のハンコでも作ってみました。
こちらも同じ紙に描きましたが、絵手紙用のハガキサイズの画仙紙に貼り付け。わずかに色が違いますが、ほとんど変わらないのでここで画仙紙を使うのはもったいないでしょうね。

平筆に軽く顔彩の水色をのせて波を表現。金色を飛沫のように散らしました。

「温風至」は11日までなので、梅雨明け前の今は「清夏」とならないかもしれないのでボツですね。

image

こちらならどうでしょうか。
厳密に言うと、千鳥は秋の季語なんだとか。
これもボツですか⁉