二十四節気のひとつ、立春から数えて8番目にあたるのが小満(しょうまん)です。
2017年では5月21日から6月4日にあたります。
「万物しだいに長じて天地に満ち始める」頃。
小満とは、前年の秋に植えた麦が無事成長して穂を実らせ、少し満足(安心)する、という意味です。
image
この頃、いわゆる「狐の嫁入り」と呼ばれるお天気雨が降ることがあります。
晴れているのに雨が降るなんて奇怪なことは、きっと狐の仕業に違いない、と思われていたそう。
福島の冬には、晴れているのに雪が降っている(吹雪いている)ということがよくあります。
何の仕業でしょうか?


(青田石 20㎜×20㎜)


太陽の動きを基に一年を二十四に分けた暦が二十四節気。その二十四を更に三つに分けたものが七十二候。それぞれの候には動物や植物、気象の動きを表す短文が付いています。その短文をイメージして作っています。


Syouman
Eighth of the 24 seasons
Starts around the 21st of May

All things are growing 
and
filling the world