穀雨(こくう)とは、春雨が穀物を潤す、つまり稲を育てる雨が降る頃という意味です。
 
中国では秋にまいた麦を育てる雨という意味だったそうですが、稲作中心の日本では稲を育てる雨として
種まきの好機とされました。
2017年では4月20日から5月4日にあたります。
image
 穀雨(こくう)という文字の周りに雨粒と稲を配しました。


(広西彩凍石 23㎜×23㎜)


太陽の動きを基に一年を二十四に分けた暦が二十四節気。その二十四を更に三つに分けたものが七十二候。それぞれの候には動物や植物、気象の動きを表す短文が付いています。その短文をイメージして作っています。

 
Kokuu
 
Sixth of the 24seasons.
Starts around April 20
 
Spring rain falls on the various grains, 
and so the rice crops grow.