眠っていた生き物が地上に顔を出す頃という意味です。
 
《啓蟄 初候》すごもりのむし とをひらく
2017年では3月5日から9日にあたります。
7
「虫」の文字をうねらせて生き物のようにしてみました。

 秋分の頃、反対の意味に当たる「蟄虫戸」という候があります。

今回の「蟄虫戸」と同様のデザインで、色を反転させ、
葉っぱには、虫食いの跡を付けてあります。


(青田石 23㎜×23㎜)


太陽の動きを基に一年を二十四に分けた暦が二十四節気。その二十四を更に三つに分けたものが七十二候。それぞれの候には動物や植物、気象の動きを表す短文が付いています。その短文をイメージして作っています。


The 7th Kou
First transition from Keichitsu
 
Nesting insects open the door 
and come out under the sky.